社内研修の外部講師に私が期待すること




この記事では、社内研修の講師を外部に依頼した際に、その講師の方に私が期待することについて書きます。

業務で社内研修の運営も行っており、外部の講師をお呼びすることも多いです。

そうして来ていただいた外部の講師の方の研修を見て、「是非これからもこの人にお願いしたい!」と思うようなポイントです。

普段あまり言語化したことが無かったですが、Twitterのフォロワーさんからこのお題をいただいて考えてみたところ、二点に集約されました。

①研修に能動的でない人をモチベートしてくれる

②社員同士のコミュニケーションを盛り込んでくれる

もちろん、研修のテーマに関する豊富な知識というのは前提です。でなければ研修を依頼する意味がありませんし。

あと、研修のテーマによっても少し変わってきます。②に関しては不可能なテーマもあるかもしれません。

この記事では新入社員教育や、階層別教育のようなものをイメージしながら書いております。

以下で、この二点の私が思うポイントについて、もう少し詳しく説明していきます。

①研修に能動的でない人をモチベートしてくれる

1点目のポイントです。

社内の研修は基本的には会社から「受けさせられている」ものです。

もちろん、しっかりしたマインドを持った社員は、そんな研修でも自己研鑽の機会ととらえて高いモチベーションを保ってくれます。

しかし、残念ながらそうでない社員のほうが多数を占める場合がほとんどです。

「業務が手一杯なのに、研修なんて勘弁してくれよ」「レポートとか書いたりするのめんどくさいなあ」

そんな風に思っている社員が必ず一定数います。

つまり、お呼びしておいて大変失礼なのですが、講師の方のお話を「聞く気がない」のです。

お話のテーマに最初から全員興味津々であれば、何も問題ないのですが・・・。とはいえ、興味がなかろうと会社のために必要だと思うから、人事としては研修を企画しているわけです。

たまに「あちゃー」と思うのは、社員が「聞く姿勢」を持っていると考えて、最初から本題に入って話していく講師の方。

参加者が自主的に参加してくる研修であればそれでも良いのです。

ただ、対象者が強制的に抽出されている研修で、その入り方ではなかなか難しいところがあります。

最初の導入部分で積極的に参加者と言葉を交わし、「聞く姿勢」を作ってくださる講師の方だと、安心して見ていられます。

参加者に「おっ、この研修は役に立ちそうだな」と最初の10分で思わせられるか。

これは社内研修では特に重要ポイントのように思います。

②社員同士のコミュニケーションを盛り込んでくれる

テーマによっては難しいものもあるかもしれませんが・・・

グループワークなどで社員同士が、自分の職場で起きていることなどを共有できる内容は、私はとても好きです。

人数が多くなるほど、部署が多くなるほど、ほかの部署が何をしているのかが分からなくなっていきます。

弊社の場合で言えば、従業員数2,000人程の製造業なのですが、事業所も愛知・岐阜・三重に散らばっており、普段は他の事業所の人と顔を合わせる機会はありません。

同じ事業所の中であっても、他部署のことは意外と知らないものです。

そして、社内研修はそんな働く場所も、仕事の内容も全然違う社員たちが一堂に会する貴重な場です。

ただ講師の方の話を聞くだけで終わっては非常にもったいない。

参加者同士がコミュニケーションをとり、お互いの仕事の様子や、今の課題感などを共有してほしいのです。

普段見ることが無い他の部署で、今どんなことが起こっているのか。

何気なく仕事を依頼している部署の裏側はどんな風になっているのか。

会社の現状について、他の部署の人はどう考えているのだろうか。

そんなことを社員たちが知れば、会社の組織としての力が上がるし、それによってその後の仕事のコミュニケーションが円滑に進むというのも何度も見てきました。

「研修で○○さんと意気投合して、それから仕事の折衝がスムーズに進むようになったんですよね」なんて話を聞くと嬉しいものです。

形式は問いません。グループワークでも、隣の席の人と話してみるでもいいです。そこに講師の方が割って入り、コミュニケーションを刺激していってくれるような雰囲気だと、「ああ良い感じだなあ」と思います。

まとめ

以上、偉そうに書かせていただきましたが、私が社内研修を外部講師の方に依頼するときに考えていることでした。

私もたまに社内の講師をすることがあるのですが、この二点は自分でも気を付けるようにしています。

この二点がしっかり抑えられている研修は、終了後のアンケートや評判も良いものが多いように感じています。

逆に、資料が奇麗だったり、話している内容は素晴らしかったりしてもこの二点が全くないと、「うーん、次はちょっと変えてみようかな」と正直思っちゃいますね。

研修の効果を定量的に測るのはなかなか難しいですが、少なくとも社員が良い顔をして会場を後にする研修は、人事としてもうまくいったかなぁと思えるのではないでしょうか。

 

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です