ミルクボーイで覚える事業場外みなし労働時間制

「うちのオカンがな、すごい長時間労働してるんやけど、労働時間についてどういう制度やったか思い出せんらしいねん」

「ほんまか、お前のオカンも大変やな。ほんなら俺がどういう制度でそうなってるか一緒に考えてあげるから、今の働き方にどんな特徴があるか教えてよ」

「なんでもオカンが言うにはな、会社には行かずに直行直帰とか在宅勤務ばっかりしてるんやけど、何時間働いても給料が変わらへんらしいのよ」

「ほー・・・事業場外みなし労働時間制やないかい。ちなみにお前のオカンが裁量労働制でないことは下のリンクのやりとりで確認済みや。事業場外みなし労働時間制は、事業場の外で勤務して、労働時間を算定し難いときに所定労働時間はたらいたとみなす制度や。時間外労働が平常運転なら、通常必要とされる時間労働したものとみなすんやで。労使協定を結んだ場合はその時間とみなされるで!その時間が法定労働時間を超える時は労基署への届け出も必要や。その特徴はもう事業場外みなし労働時間制に決まりよ!すぐわかったやんこんなもん!」

「俺も事業場外みなし労働時間制やと思ったんやけどな、オカンが言うには1時間に1回は上司から電話がかかってきて、出んかったら鬼のように怒られるらしいんよ」

「ほな事業場外みなし労働時間制と違うか~。事業場外みなし労働時間制が認められるかは、指示や報告の内容や方法が重要なポイントになるんよ。『労働時間を算定し難い』かどうかが大事なんやから。詳細な指示を高頻度に出してる場合は事業場外みなし労働時間制は認められにくいなぁ。通信機器で常時連絡が取れるようになってる場合は余裕で労働時間を算定できちゃうもんなぁ。事業場外みなし労働時間制とは違うか~。オカン他に何か言うてなかった?」

「オカンが言うにはな、たまに夕方ぐらいに会社に戻って残業した時は残業代が付いてるらしいんよ」

「事業場外みなし労働時間制やないかい。会社に来て仕事してる場合はもちろん労働時間が把握できるから、会社の外でみなし制を使ってても、内勤の時間はきちんと把握して、外の分のみなしの時間と内勤の時間の合計が残業になるならその分は割増賃金を払う必要があるんや。いっつも外におるから、たまに内勤しててもみなしや!っていうのはナシなんやで。やっぱり事業場外みなし労働時間制やわ!!間違いないよ!」

「俺も事業場外みなし労働時間制やと思ったんやけどな、オカンが言うには上司が同行することも多いらしいんよ」

「ほな事業場外みなし労働時間制と違うか~。上司が一緒にいるなら労働時間が把握できてるはずやからね。さっきも言うたけど、『労働時間が算定し難い』かどうかが重要ポイントなわけよ。グループでの出張でもその中に労働時間を管理する立場の人がいなければいいけどな。やっぱり事業場外みなし労働時間制と違うかもしれんな。オカン他には何か言うてなかった?」

「オカンが言うにはな、去年まではちゃんと外勤でも会社に労働時間を報告して残業代ついてたらしいねん。けど今年からいきなり今の制度に変わって、不利益変更や~ってだいぶ揉めたらしいで」

「ほなやっぱり事業場外みなし労働時間制やないかい。ちなみに何時間とみなされてるん?」

「8時間とみなされてるらしい。ちなみにオカンは基本月平均40時間は残業してるで」

「いやぁそれはだいぶ不利益変更やね。オカンは40時間もらえてた残業代がもらえんくなったんやろ。不利益変更はかなりカッチリと合理性が主張できんといかんから、その変更は違法とみなされる可能性が高そうやなぁ。そもそもこれだけ通信手段が発達したご時世に『社員を指揮命令下に置けませ~ん』なんて生ぬるい言い訳が通るもんか通らんもんか。今導入してる企業は胸に手を当てて考えてみた方がええかもしらんね。事業場外みなし労働時間制の適用のハードルは結構高いよ。オカンの会社はだいぶムチャやけど、事業場外みなし労働時間制である可能性は高そうやな」

「俺も事業場外みなし労働時間制やと思ったんやけどな、オカンが言うにはコワーキングスペースで働いた時も残業は付かへんらしいのよ」

「ほな事業場外みなし労働時間制と違うか~。てかオカンはコワーキングスペースを利用してるんか。たいしたオカンや。昨今テレワークはすっかり板についてるけど、テレワーク=みなしみたいな考えは甘いんやで。テレワークで事業場外みなし労働時間制を適用しようと思ったら①自宅で業務②PCの通信つながらなくてもOK③具体的な指示無し。この三つが満たされてないとアカンのやで。まぁ大抵ムリやろ。裁量労働制が適用できるような業務ならええけどな。いちおう↓に行政のガイドライン貼っといたるわ。それやったら事業場外みなし労働時間制と違うなぁ。オカン他には何か言うてなかった?」

「自宅でのテレワークという働き方」厚生労働省・都道府県労働局・労働基準監督署

「なんでもオカンが言うには、深夜とか休日に働いた時だけはなぜか給料が増えてるらしいねん」

「事業場外みなし労働時間制やないかい。事業場外みなし労働時間制は労働時間の規制は外れるけど22時~5時に働いた時の割増とか、法定休日に働いた時の割増は外れへんのよ。休憩の規定も適用されるんよ。だから残業はいくらしても増えへん給料が深夜とか休日で増えるんやったらそれはもう事業場外みなし労働時間制よ!事業場外みなし労働時間制で決まり!!」

「けどオカンが言うには事業場外みなし労働時間制ではないらしいんよ」

「オカンがそう言うなら事業場外みなし労働時間制と違うやろ。最初からわかってたやん。俺がめっちゃ説明してるときどんな気持ちやったん?」

「申し訳ないなと思って」

「じゃあほんまにわからんがな・・・どうなってんねん」

「オトンが言うには、変形労働時間制とちゃうかって」

「絶対ちゃうやろ!もうええわ!どうもありがとうございました~」

おわり

参考記事↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です