留学生に活躍してもらうための企業施策~入社後編~

皆さんの会社には外国籍の方、または海外出身の方はどれぐらいいらっしゃるでしょうか。

会社規模によっても、日系か外資かによっても、千差万別でしょう。

ですが、まだまだ日本には外国籍の方を受け入れる土壌が少ない会社も多いです。

弊社は現在、新卒採用においては留学生の採用に力を入れています。

前回はこちらの記事で、留学生の採用に関して書きました↓

今回の記事では、めでたく内定承諾していただき入社してからどのように手を打っていくかについて、弊社の施策をボカしながらですがご紹介していきます。

在留資格のサポートはしっかりと

これに関しては、入社後と書いておきながら入社前のお話です。

留学生は在留資格「留学」となっていますが、当然これは留学生のための在留資格ですので、会社で働いてもらうためには別の在留資格が必要です。

最もポピュラーなのは技術・人文知識・国際業務、「技人国」と略されることもあります。

技術・人文知識・国際業務の在留資格については、こちらから法務省のページをご参照ください。

日本の会社で働く外国籍の方の多くがこの在留資格で働いています。

在留資格の切り替えには会社からも出入国管理局提出しなければならない書類があります。

ここのサポートを丁寧にやってあげることで、留学生からも好印象を持ってもらいやすいです。

必要であれば、行政書士などに相談してもいいですが、そこまで難しいものでもありません。

一回やってしまえば、基本的には手順を踏襲していけばよいので苦にはならないと思います。

理解のある上司の下につける

これ超重要です。もうこれによって8割決まるといっても過言でないと私は思っています。

もちろん、配属などは本人の希望ともすり合わせるのですが、絶対に理解の無い上司の下につけてはなりません。

具体的に言えば

①コミュニケーションが難しいから外国人が来るのを嫌がっている

②管理職のキャリアが浅かったり、負荷が高くて余裕が無い

こんな上司は赤信号です。その上司がダメというわけではなく、外国籍社員の上司にしてはダメということです。

当たり前ですが、外国籍社員にはコミュニケーションコストはかかります。

①の上司につけると、往々にしてそもそもコミュニケーションをとろうとしない、とってもあからさまに適当さを態度に出す、などなどして外国籍社員のメンタルを傷付けます。

まあ、そういう上司は日本人の上司としても適格性が疑われますが・・・

とはいえその傾向は外国籍社員が相手となるとさらに大きくなってしまいます。

②の上司は、単純にケア不足になってしまいます。

①も②も日本人でも良くないのですが、外国籍社員にはもっとダメです。

自分が海外で働いたら・・・と考えてもらえば分かると思いますが、コミュニケーションをとってもらえなかったり、うとましそうな態度をとられたりしたら傷つきますよね?

部署のメンバーも巻き込んで外国籍社員を歓迎するムードを作り、日本人との違いを配慮しながら仕事を与えてくれる上司につけることが成功のカギです。

日本人の同僚のケアも重要

私は部署に外国籍社員が配属される前に、部署の全員に時間をとってもらい、会議の場で留意すべき点について説明しています。

母国の慣習、マナー、イスラム教徒の方であればお祈りを会社の中ですることも。

「日本人とはこういうところが違うんですよ」ということを事前に知っているだけでも、トラブルは多少防げます。

こんなの必要なければそれが一番良いのですが、決してまだ外国籍社員が多いとも言えない弊社では、外国籍社員を受け入れる土壌が整っている部署はほとんどありませんので現状は必要です。

下に本人との面談の重要性も書きますが、同じくらい上司や同僚へのケアも大事です。

困ったことがあったら、部署の中だけで揉めるのではなく相談しに来てもらえる環境を作ります。

普段の業務の中では人事が介入する余地など無いのですから、せめてそこまでの前段階で少しでも働きやすい環境が作れるようにサポートします。

定期的に本人と面談(カジュアル)

もちろん、本人の話も定期的に聞く必要があります。

部署の中だけで解決できない問題もありますし、上司に相談しにくい問題もあるでしょう。

私は半期に1回、30分程度は外国籍社員全員と面談をしています。

面談と言っても、形式ばったものでもなく、記録も最低限しか残しません。

働く環境はどうか?今のキャリアは描いたものに近いか?生活では困っていないか?いろいろ質問してお話しします。時には居酒屋とかに行くことも笑

タイ人の社員とは結構仲良くなって、自宅に呼んでくれて料理をふるまってくれたりすることもあります。

なんだかんだ、留学してきて更には知り合いも少ない外国の会社で働く彼ら彼女らは寂しさを抱えていることが多いです。

入社後に関しては、極力私は「お友達」感覚で付き合うようにしています。

もちろん、相手によって向き合うテンションは使い分けますが。

それ以外にも、悩みごと相談ダイヤル(私のケータイ笑)を設置し、何かあれば気軽にかけてくるように言っています。

外国籍社員が上司とのコミュニケーションに悩んでいた時、本人の了承のうえで上司と面談し、コミュニケーションの方向性を再確認したこともあります。

まとめ

私もまだまだ試行錯誤中ですが、少しずつ社内での受け入れ方はまとまってきたかなと感じています。

あとは、今一番の課題は外国籍社員だけに限りませんが、適切な権限移譲です。

今の自社の課題感を抽象的にまとめた記事はこちらです↓

これができていかないことには、特にバイタリティのある留学生には、飽きられてしまう。

日本人の大多数とは、思考特性が少し違うということを念頭に置く必要がありますね。

またこれからも社内の体制はどんどん変えていくつもりなので、また記事にまとめていきたいです。

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です